セクシー三昧

インターネットが掬いきれないお店の記録

旭麺類店(滋賀・守山市)

旭麺類店は滋賀県守山市に店を構えている。「麺類店」という表記は初めて見たかもしれない。たいていは「ラーメン店」「うどん店」「そば店」と住み分けをされているものだが、「麺類店」というとプロ野球でいうとユーティリティプレーヤーのようなものだろうか。巨人から阪神に移籍してきた山本泰寛のような。

f:id:gtr7u6ik:20210505083051j:plain

看板には「めん類 丼物 中華そば 旭」とある。中華そばは麺類ではないのかというツッコミをしてはいけない。暖簾をくぐる。店内には誰もいない。席につくと、店を切り盛りする高齢の女性が麦茶を持ってきてくれる。ちょうど初夏のような暑い日。麦茶でぐっと夏の雰囲気になる。「何しましょ」「じゃあ中華そばで」。

f:id:gtr7u6ik:20210505083357j:plain

開け放した扉から心地よい風が吹き込む

f:id:gtr7u6ik:20210505083451j:plain

新聞は産経と毎日。旭麺類店なのに朝日新聞は置かない。

f:id:gtr7u6ik:20210505083514j:plain

小上がりもある。テレビは科捜研の女

f:id:gtr7u6ik:20210505083847j:plain

中華そば 500円

しばらく待っていると中華そばが運ばれてくる。透明度のあるスープにメンマ・焼豚・もやし・わかめ・かまぼこ・ネギが乗っている。予想したより具だくさんだ。胡椒もあらかじめかかってある。「ご飯はいらんの?」「あっ大丈夫です」。
スープを一口すすると、これが美味い。醤油系の嫌な辛さは一切なく、どちらかというと出汁の味がしっかりと広がる。有り体な言葉を使うと「優しい味」だ。この出汁はうどんにも使っているのだろうか。休日の昼下がりに食べるにはなんてちょうどいい中華そばなのだろう。

f:id:gtr7u6ik:20210505083737j:plain

改めてメニューを見ると、うどんが豊富な模様。「のっぺいうどん」「かみなりうどん」って何なのだろう。想像もできない。焼きそばや出汁巻たまごもあるんだ。丼物も種類が多くていいな。

お勘定をお願いすると、店の小上がりの席で店主が昼ご飯を食べていた。科捜研の女を黙々と見ながら白米を口に運んでいる。なんだか親戚の家で過ごす昼ごはんみたいだなあ。この妙に気楽な感じがまたいいのかもしれない。

 

(店舗情報)
旭麺類店
滋賀県守山市勝部1丁目12-39
水曜定休

 

はてなブログTwitterでセクシー三昧が紹介されていました。がんばるぞ!

 

サンジェルマン

f:id:gtr7u6ik:20210505003928j:image

JR東日本しなの鉄道軽井沢駅近くに店を構える老舗洋食店

 

軽井沢というと何となく都会なのかなというイメージを持っていたが、よもや故郷の田舎商店街より寂れているとは思いもよらなかった。

せめてどこか夕食を済ませられる所は無いものかと彷徨っていたら、一応の繁華街のような区画に出会した。そういう一角にある。

f:id:gtr7u6ik:20210505004511j:image

いかにも昔からある見た目。こういうお店って大体当たりだ。

f:id:gtr7u6ik:20210505004815j:image
f:id:gtr7u6ik:20210505004828j:image

なかなか良い値段のするディナーになったが、このご時世に平日でもちゃんとお客さんが居るのは地元民に認められている証拠だ。
f:id:gtr7u6ik:20210505004820j:image

この店のオススメだったタンシチューを注文した。ワインで煮込まれているのか少し苦味と渋みを感じる、大人の味だ...。

こういう事言うと良くないんだろうけど、値段の割にそんなに、かもしれない。もうちょっと旨味が欲しいです。

 

営業時間:ランチ:12:00〜14:00 ディナー:17:30〜21:15 (水曜定休)

場所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東6-11

宮桜の湯

f:id:gtr7u6ik:20210430120246j:image

長野県上田市に存在する銭湯2軒の内の1軒。

毎月26日は風呂の日を記念して入湯料が無料になるので行ってみた。ちなみに来月26日は無料は実施しない。

f:id:gtr7u6ik:20210430120516j:image

裏手に駐車場有るが、色々な会社の共同駐車場になっていたのでどこに停めればいいか分かり辛い。ところで、思っていたよりも見た目が新しい。どう見ても平成くらいの建物の雰囲気。

f:id:gtr7u6ik:20210430120641j:image
f:id:gtr7u6ik:20210430120638j:image

下足を脱いで中に入ると、作りはオーソドックスな銭湯。

番台があり、ロッカー脱衣所、ガラス戸を隔てて奥に湯船が二つ。

ここに来る前に入湯した柳の湯とほぼ同じだが、やはり明らかに内装が新しい。おそらく平成以降にリフォームしているな。

番台の人に詳しく話を聞きたかったが、ここでも常連の人と話し込んでいて聞き出せなかった。

友人や知り合いがどんどん死んでいって自分の事を知る人間が減っていくのが寂しいという終末の話が銭湯では主な話題となっている。

湯船は常識的な温度。熱過ぎずヌル過ぎない。快適そのものだ。

内装にあまり趣が無くてそこが微妙。素直に温泉行ってしまう。

 

場所:長野県上田市常田3丁目14-3

営業時間:15:00〜22:00月曜定休

柳の湯

長野県上田市に存在する銭湯2軒の内の1軒。

f:id:gtr7u6ik:20210427152222j:image

とにかく見た目が良い。昔ながらの銭湯だ。昔は太陽光で沸かしていたらしいが今は重油ボイラーとの事。詳しく話を聞きたかったが、番台の人が常連のお客さんと話し込んでいたので遠慮した。

f:id:gtr7u6ik:20210427152425j:image
f:id:gtr7u6ik:20210427152434j:image

駐車場はぎりぎり4台ぐらいなら停められそう。目の前に川が流れていて風流。

f:id:gtr7u6ik:20210427152545j:image

毎月26日は風呂の日という事で上田市の銭湯(温泉除く)が無料になる。素晴らしい。

f:id:gtr7u6ik:20210427152644j:image

店内はまさに昔の銭湯。木で作られたロッカーと番台。

浴槽は2つ。右側は水を入れてもok。サウナは無い。

シャワーで体を清めて入湯する、が、めちゃくちゃなアツ湯。

小さい水の蛇口でどうにかなるレベルではない。温度計を見ると38℃を示しているが明らかに40℃は超えている。

足だけ入れてみて、入れた足がピリピリと痛む。これは無理だ。歳を取ると肌の感覚がバグるのだろうか。

今日が無料でよかった。すぐに出て、2軒目の宮桜の湯に向かった。見た目が良いのでまた来たかったが残念。

 

場所:長野県上田市中央4丁目10−16

営業時間:15:00〜20:00金曜定休

ななみ(京都・長岡京市)

 国道沿いの風景はどこも均質化されている。日本中、どの街に行っても国道沿いには同じようなチェーン店が並び、「見たことある」光景が日本中あちらこちらに形成されている。それを無機質でつまらないと思いがちであるが、最近読んだ三浦哲哉『LAフード・ダイアリー』(講談社)にはこんな一節があり、新しい視点にハッとさせられた。

「単調であるがゆえに一層習慣に深く刻まれる味は、長い目でみたとき、ライフヒストリーの中の特異な点となり、このあとに得られるさまざまな別の味との差異を生じさせ、結果として「多様性」の一部を構成するということがありうる」

  均質化された国道沿いの風景は今の社会が映し出されている。だからこそ、「かつてはどんな風景だったのだろうか」という想像が膨らむ。高度に資本化され、フランチャイズ店が並ぶ以前の光景を。ありがたいことに、今でも「かつて」の記憶をとどめる店舗は残っている。チェーン店の狭間にあるそんなお店が、かろうじて他の街との差異を我々に伝えてくれる。それは記録という形で残しておくべきものなのかもしれない。

 今回紹介するのは、そんな国道沿いで昔から営まれているであろう店の話だ。国道171号線沿い、京都府長岡京市の「ななみ」である。

f:id:gtr7u6ik:20210425162309j:plain

広い窓が良い

 ハードオフ長岡京店から歩いて五分。「喫茶と軽食&鉄板ステーキ ななみ」の看板が見えてくる。外壁には「COFFEE」の文字。駐車場も広く、ロードサイド・レストランとしての趣がある。

f:id:gtr7u6ik:20210425162443j:plain

 店内は休日の昼どきということで大変賑わっている。内装からテーブルや椅子まで大事にされてきたという印象を受ける。皆マスクをしているが、どことなくコロナ以前の世界を思い出させてくれる空気が流れている。

f:id:gtr7u6ik:20210425162427j:plain

なんとなくコロナ以前の世界の空気の味がする

f:id:gtr7u6ik:20210425162352j:plain

洋食中心のメニュー。ごはんおかわり自由、珈琲付きが嬉しい。

 初めての来店なので「ななみランチ」を注文する。スープはこの日は「クリームスープ」と「若竹のお吸い物」で選べるらしい。洋食中心の中で、旬の和のテイストだ。
 しばらく待つ。店内は喫煙もでき、大きな窓からは温かい陽射しが差し込む。繰り返しになるが、コロナ禍の世界であることを忘れそうになる。

f:id:gtr7u6ik:20210425162410j:plain

ななみランチ 1380円

 ななみランチが到着する。ハンバーグにエビフライ、クリームコロッケにハム。サラダとスパゲティ。口にするだけで嬉しくなるメンバーだ。小皿に筍の煮付け、白米に福神漬けが乗っていて、箸で食べるスタイルと、変に気取らないところがまた良い。
 ハンバーグはこの店のウリとあって、抜群に美味しい。柔らかくジューシー。エビフライにコロッケも絶品だ。付け合わせも丁寧に作られていて、その行き届いたサービス精神に嬉しくなる。
 食後にコーヒーを頂いてごちそうさまでした。

f:id:gtr7u6ik:20210425162515j:plain

 帰りはまた国道沿いを歩く。かつてあったかもしれない、そして今も残るロードサイドの風景を思い浮かべながら。

(店舗情報)
ななみ
〒617-0835 京都府長岡京市城の里12−2
8:00~18:00(水曜休)

なかよし

滋賀県草津市の老舗のラーメン屋。草津市内の高校に通っていた私は、部活帰りや放課後に頻繁に利用した思い出のラーメン屋。

以前は居酒屋、スナック、小さなスーパーが並ぶ路地にポツンと佇んでいたが、駅前の再開発による立退により一時閉店。路地の跡地に建ったタワーマンションの1階にリニューアルオープン。風情は無くなったけど、残ってくれて本当によかった。

f:id:gtr7u6ik:20210425123203j:image

いつものように席に着き、メニューを眺める。普段なら醤油ラーメン一択であるが、この日は少し飲みたかったので焼きそばと土手焼き、瓶ビールを注文した。ラーメン屋で焼きそばを頼むのまあまあ意味不明だけど、飲みたいから仕方ない。ラーメンじゃ腹が膨れすぎる。f:id:gtr7u6ik:20210425123210j:image

f:id:gtr7u6ik:20210425123207j:image

おそらくラーメンと同じ麺を使ってるのか、もちもちした麺が美味かった。ソースは甘めで優しい。横手焼きそばのように千切りキャベツを麺にたっぷり絡めてマヨネーズを付けて食べると美味しかった。キャベツの食感がこんなに良いアクセントになるんですね。ドテ焼きは濃いめの味噌味でビールがよく進む。肉もホロホロで脂もジューシー。サクッと食べてサクッと飲んでサクッと退店。回転の早いラーメン屋だからこそ出来る飲み方だな。

f:id:gtr7u6ik:20210425123159j:image

醤油ラーメンもアッサリでおすすめです。

 

滋賀県草津市大路1丁目9−5

11:30〜14:00

18:00〜0:30

茶王

f:id:gtr7u6ik:20210424164232j:image

岩村田本町の商店街通りを一本外れて細い路地に入ると、良い感じの昔の飲み屋が立ち並んでいる。

茶王は、その通りの更に奥に進むと見えてくる。

f:id:gtr7u6ik:20210424163938j:image

見た目は大きな民家だ。店というには地味かもしれない。

f:id:gtr7u6ik:20210424164613j:image

店の前にテラス席。元々はこのテラス席がある部分に茶店を建てて、現在店がある部分は居住スペースだった。しかし日当たりが悪く、子供の教育に悪いという事で取り壊した。オープンしてたった4年後の出来事だった。

f:id:gtr7u6ik:20210424165109j:image

そんなこんなで1979年に再オープンした茶王は、全面が木目調で作られた豪勢な内装。扉を開けると地味な外観からは想像も付かない世界が広がっていた。

f:id:gtr7u6ik:20210424165318j:image

f:id:gtr7u6ik:20210424165425j:image

f:id:gtr7u6ik:20210424165358j:image

特筆すべきはカウンターの作り。木を少しずつ曲げて貼り合わされたテーブルは職人技。カウンター奥の戸棚やガラス戸さえもそれに合わせて湾曲にしている。たてつけが悪くならないのは神業だ。

f:id:gtr7u6ik:20210424165736j:image

いつもの癖でナポリタンを注文したが、焼ききしめんが人気メニューらしい。ナポリタンは絶対に不味くならない上に店によってアレンジもし易いから良いよね。

 

場所:長野県佐久市岩村田本町769−1

営業時間:12:00〜22:00(不定休)